勃起不全は相手が変わると治るのかしら?


Pocket
Share on StumbleUpon
LINEで送る

性行為をまともにできなくなってしまった方、相手が変わればできるだろうと信じている方も、勃起不全であることを受け入れて治療を開始する事をオススメします。

「いつも同じ相手だから勃起しない」

そう思いこんでいませんか?

相手が変われば刺激が違うからきっとできる!

そう思いながら挑戦した事はないという方も多いと思います。

いつも同じ相手だからというのを言い訳にして受け入れないのは良くないと思います。

できないならできないで、対処する方法はありますので、勃起不全の治療を始めてみましょう。

勃起不全に対する理解

性行為をしている最中に萎えてしまい、続行不可能となってしまった場合、女性を傷つけてしまう事もあります。

自分のせいかもしれない..なんて思わせてしまうとかわいそうですから、自分が勃起不全になりかけていることを説明してあげるのも優しさです。

大抵の女性は、治療するよう促すはずです。

奥さんや恋人であれば、きちんと話を聞いてくれるはずですから恥ずかしいなんて思わず、とにかく相談してみるといいでしょう。

医療機関で薬を処方してもらえば、性行為も普通にできるようになるので、元気が無くて心配な方も安心して下さい。

勃起不全を治療するジェネリック医薬品の中にバイアグラがあるのですが、勃起を促すという作用はあるものの、それ以外に性欲が増したり、エッチがしたくなる気分になるということはないので、このような薬の作用を理解した上で服用しましょう。

性生活に支障が出る勃起不全を解消

男性の性機能に障害が出てしまう事を勃起不全というのですが、全く勃起しなくなってしまえば、女性と性交渉を楽しむ事ができません。

性欲もストレスも溜め込んでしまう事になると思うので、最近元気がないと思う方も、泌尿器科を受診して相談してみた方がいいと思います。

これから子作りをする可能性がある若い男性も、性行為の途中で萎えてしまったりする事があるなら、勃起不全になってしまう可能性がありますので、きちんと治療をする必要があります。

若い人でも勃起不全になる事は有ります。

自分には関係ないと思っている方も、何かのキッカケで突然症状が出るという事もあるらしいので、人事だと思わず対処法を考えておきましょう。

全然勃起しないのが勃起不全ではない

性的な刺激を与えても、性器がピクリとも反応しないのは勃起不全と言えますが、元気がないとか硬さが足りないというような状態も勃起不全の症状ですので、そのうち治ると思うのではなく、治療薬を飲んで改善する事をオススメします。

疲労が溜まりっぱなしになっているのを機に勃起不全になってしまうケースもあります。

疲れたりストレスが溜まると、血流が悪くなると言われています。

勃起不全も血流が関係していますので、ストレスや疲れを溜めないようにしましょう。

Pocket
Share on StumbleUpon
LINEで送る